"家庭用脱毛器や脱毛エステに頼ること無く、剃刀や毛抜きなどを利用して無駄毛処理をしている人は多いことでしょう。
しかし気を付けなければいけないこととして、これらの道具はお肌を痛めてしまう可能性が高いということなのです。今注目されているS.S.C.脱毛とは、スムース・スキン・コントロール・メソッドと呼ばれている脱毛方法となります。
現在までの脱毛方法とは理論的に異なる方法となっており、日本でも徐々に注目され始めています。

 

S.S.C.脱毛の特徴は、まず何と言いましても肌にやさしいということが挙げられます。
お肌に何かしらのアレルギーを持っている人、また敏感肌の人に対しても使用をすることが出来るのです。

 

自己処理での脱毛といのは肌を傷つけてしまう恐れがありますので間違った知識での脱毛には注意が必要です。
そこでS.S.C.脱毛では特殊なライトを使用するために肌にダメージを与える心配が無いのです。"



お肌を痛めること無く優しく脱毛ブログ:24-2-2018

出産後の体型の崩れをなんとかしたい!と思うのは、
産後の母共通の思いですよね。

産後の肉体に関する女性の悩みのアンケートを見ると、
最も多い悩みは体力の低下と体型の崩れです。

産後の減量では、骨盤が重要なポイントになります。

産後の骨盤は開いてしまうものです。
また「仙骨」と呼ばれる、
ヒップの骨も歪むことで骨盤全体が広がってしまいます。
この緩みきった状態で、戻らないことも多いので、
骨盤矯正が有効な対策とされているのです。

骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、
パンツがはけなくなったり、太りやすい肉体になったり、
腰痛等の痛みなども引き起こすこともあります。
姿勢も悪くなり、ストレスが溜まりやすくなったり、
同時に垂れたヒップの原因や、
ヒップ・ウエストまわりが
自然と大きくなってくることもあります。

そこで自分に合った
骨盤矯正運動やストレッチなどを連日続ける事が大事です。

無理をすると、筋肉を痛めてしまうので
焦らずにゆっくりと続けましょう。

産後減量をはじめるきっかけとして、
体重は元に戻っているのに、大きくなったヒップが悩みの種で
産後減量に取り組む方も多いです。

普段は使わない腰の横の筋肉を使って、
なかなか落ちない腰周りの脂肪を落とす
産後減量の運動で、
あたしがオススメなのは…

@横向きに寝て肘で肉体を支える
Aそのまま真っ直ぐ肉体を維持
B息を吐きながらゆっくりあしをあげる
C上げたらそのままキープ
Dそしてゆっくりとあしを下ろす…
これを左右30回ずつ行います。

簡単にできる運動ですから、続けてみてくださいね。